女性のびまん性脱毛

その他
更新日:2013/11/11
本日は女性の髪の悩みについてお話します。

円形脱毛症など特別な病気は別にして女性特有の悩みとして頭髪全体が薄くなってゆく
状態があり、これをびまん性脱毛といいます。

原因としては加齢、貧血、内分泌疾患、ストレス、薬の副作用などが考えられます。
貧血、内分泌疾患は血液検査で判明します。とくに甲状腺の機能低下は女性に多くみられます。この場合は頭髪の症状のほかにむくみ、冷え、倦怠感などの症状を伴います。
薬の副作用の代表は抗ガン剤です。

加齢のよる場合はおうおうにして女性ホルモンの低下を伴います。相対的に男性ホルモンが優位になり脱毛が進行します。

以上をふまえてどのような治療があるでしょうか?

まず頭皮の血行をよくすることを考えます。これはリアップを中心とした外用薬があります。女性には1から2%のものを使用します。
本来は円形脱毛症に使うものですがフロジン液も血行促進効果があります。
成長因子配合の外用液もあります。

マスコミにはいろいろなコマーシャルがありますが本当に効果のある方法をご紹介します。